感覚を植え付ける

楽器をやる上では、言葉ではどうにも言い表せない「感覚」が存在するはずです。


長い年月と沢山の練習の積み重ねによって得られるそれは、「どうやっているの?」と聞かれても、「う〜ん…なんて言うのかなぁ〜」となってしまう部分


楽器の経験が無い人でも、「自転車に乗る」という事に置き換えると分かりやすいでしょう。



現在私がサポートさせて頂いている2つの企業があります。
その企業は、どちらも今年の青葉まつりに初参加し、すずめ踊りを演舞される事になっており、私はその中の篠笛指導を仰せつかりました(以前このブログ内でも紹介しました)


今日はそのうちの1つの企業の練習日
囃子のメロディーも段々と吹けるようになり、太鼓や踊りとの合わせも始まりましたよ


が、篠笛を始めてまだ2ヶ月程度の皆さんは、1つ1つが必死
本来なら「感覚」でやれる事も大変な訳です


でも限られた期間、限られた指導日で何とかするのが、私の任務


感覚が必要なる箇所をピックアップし、感覚を理論的に分析、短期間で感覚を植え付ける練習をしています。


そのうちの1つは、うまく出ない音があった場合「次に吹く時にどこをどう変えて吹くのか」を意識するというもの。
ただ闇雲に何度も吹き直して音が鳴るようになっても、それはきっとマグレです
翌日には元に戻っている事が大いに考えられます


そうではなく、唇をこうしてみよう、息をこうしよう、イメージをこうしよう、というのを意識してから吹いてみるのです。
そうする事で、上手くいった時に、「なるほど!こうすればいいのか!」と気付きやすくなると思います。


それを繰り返す事で、精度がどんどん高まり「こうすれば上手くいく」という自信にも繋がります


青葉まつりまであと1ヶ月ちょっと
頑張りましょう


A1C2DA07-9241-4F6C-81BD-12823B6FD89F.jpg

この記事へのコメント