企業様の為の仙台すずめ踊り篠笛指導

毎年5月、仙台を熱くさせる「仙台青葉まつり」

街のいたるところで鳴り響くすずめ踊りのお囃子は、祭りを盛り上げ、活気づけてくれますよね

「あのメロディーを聴くと血が騒ぐ!」という人も少なくないのではないでしょうか?


この青葉まつりには仙台市内の企業も数多く参加しており、祭連(まづら)と呼ばれるいわゆるすずめ踊りのチームを編成し、仕事終わりにお囃子と踊りを一生懸命練習して、祭りで練り歩きながら演舞しているのです

昨年(2016年)は過去最高の143祭連・約4,000名が参加(仙台青葉まつり公式サイトより)だったそうですよ


そんな盛り上がりを見せる青葉まつりに「うちも今年から参加しよう!」という企業さんもいらっしゃいまして、私のところに篠笛指導の依頼をいただきました


仕事終わりのオフィスにお邪魔し、篠笛担当となった皆さん(全員篠笛は未経験)に篠笛を手解き。
キッカケは何であっても自分で篠笛の音を鳴らせた時の喜びはみんな同じ、いい顔してました

7C081D9E-95B0-4FE2-B148-2140E9EA9815.jpg

これからみんなでゆっくり楽しく篠笛を練習……と言いたいところなのですが、前述の通り青葉まつりは5月。そんな悠長な事は言ってられません

わずか3ヶ月で「篠笛未経験」から「すずめ踊りの囃子方」にするのですからポイントを絞りに絞って指導させていただきました


本番まで何度か指導させていただく機会がありそうなので、これからどうなっていくか楽しみです

この記事へのコメント