篠笛の半音練習

今夜は美里教室のレッスンでした。


今日から本格的に始めた練習


半音


です。


♯(シャープ)や♭(フラット)、これの強化練習をスタートしました!



というのも生徒さんご自身が演奏したい曲が半音が多用されてまして、これは半音の腕を上げるチャンス!という事でやってみました。



こう書くと語弊があるかもしれませんが、篠笛は不便な楽器です。笑
半音を出すには、「半音」の文字通り「半分だけ」穴を塞がなければなりません。


半音を出す為の押さえ方がある音もありますが、半分だけ塞ぐというのは避けては通れない、と私は思っています。


半音を正確なピッチで鳴らすのはなかなか難しいものです。
特にテンポに合わせたメロディーの中でそれを行おうとすると更に難易度は上がります。


これを克服する為の練習として今日行ったのは、メトロノームに合わせて半音ずつ上がり、半音ずつ下がる、これを右手と左手分けて何セットかする、というもの。
メトロノームに合わせてやるというのがポイントだと思います。


シンプルなメニューですが、始めはこのくらいからやって「半音の指の感覚」をつかむ事が大事だと思います。


これから数ヶ月でどこまで半音に強くなるか楽しみです♪


6C2224E0-0143-401C-8663-F62D59EE9462.jpg

この記事へのコメント