篠笛を始めたらやるべき5つのこと

訪問ありがとうございます。



この記事を読んでくれているという事はおそらく、篠笛を始めた方、あるいはこれから始めようと思っている方、などではないでしょうか?



篠笛始めたら、誰だって上手くなりたいですよね?

でも練習方法なんて知らないし、まぁとにかく音出して曲を吹けるようにしよう。

そうなってしまっている人も少なくないはず。



この記事ではタイトルにある通り「篠笛を始めたらやるべき5つのこと」を、私なりの視点でまとめてみました。

篠笛の練習に困っている方の何かの参考になれば幸いです。






◼︎呼吸法をする
EC043B59-0F28-4579-8187-F493EAF209DA.jpg

篠笛を鳴らす為にまず必要なものは、息です。
説明するまでもない、当たり前の事ですよね。
生まれた時から無意識に行っている呼吸ですから、息を吐く事は多くの人にとって非常に容易な事です。

ところが篠笛を鳴らす場合は、普段の呼吸とは区別する必要があります。
呼吸法についての考察は、同じ「管楽器」という括りの中であってもいくつもあり、「これが正しい」と決めるのはなかなか難しいと言えるでしょう。
一般的には「腹式呼吸」という、簡単に言えば「吸うときにお腹を膨らませ、吐くときにお腹をへこませる」という呼吸法が良いとされていますが、実際には「丹田(たんでん)の辺りに力を入れ、お腹を膨らませたまま吐く」という感覚に近いです。

音をしっかりと響かせ、豊かな表現をする上で、安定した息を自分でコントロールする事、すなわち呼吸法のトレーニングは必須と言えます。
呼吸法のトレーニングを続けた場合とそうでない場合、後に大きな差が出るのは間違いありません。ぜひ練習の最初に取り入れる事をおすすめします。


◼︎アンブシュアを整える
19FE7F20-E181-4A14-8ECC-4E98658E5347.jpg

アンブシュアとは主に演奏する時の口の形を指します。

アンブシュアが良くないと篠笛はなかなか鳴ってくれません。

「音を鳴らす」という最初の壁で、篠笛を諦める人も多いのではないでしょうか?



篠笛のアンブシュアを簡単にまとめると以下のようになります。

  1. 「ふ」と発音する
  2. 「ふー」と言い続けながら、少しずつ口を横に引く(ニッコリ笑う感じ)
  3. 歯は開ける
  4. あくびをする時のように、舌をくぼませ、口内を広くする


これらを意識したら、唄口を下唇に押し当てて息を出します。
この時に篠笛の中に息を入れようとせずに、前に向かって息を出すのがポイントです。


◼︎リラックスする
CD16EABC-EF56-4DC3-8165-BE4093052EE2.jpg


篠笛を始めた前途の2つを同時に行う事は容易ではありません。

色々な事を同時にやろうとして、気が付けば肩や背中がガチガチに……なんて事もあるでしょう。変な所に力が入ってしまっていては、出来るものも出来なくなってしまいます。

まずは体をよくリラックスさせて、あれこれ考え過ぎずに吹いてみるというのも、実は大切なんです。





◼︎ロングトーンをする
0AB24A92-5CE8-4736-A0C3-2B0DBE8225DD.png


音が鳴らせるようになったから、早速曲の練習だ!
もちろんそれでも構わないのですが、ちょっとだけでも基礎練してみてはいかがでしょう?
地味でつまらないし、面倒な気持ちになるのは分かります。
でも!せめてこのロングトーンだけでもやってみてくだい!絶対に音が変わります!

ロングトーンとは、一つの音を「ピーーーーーーーーー」とまっすぐに伸ばす練習です。
それだけで意味あるの?と思う方もいるかもしれませんが、恐らく上手い奏者でこのロングトーンをしていない人はいないでしょう。基礎中の基礎でありながら、奥が深く、とても重要です。
曲の練習時間を少し減らしてでも、このロングトーンをやる価値はあります。どうぞ取り入れてみてください。


◼︎いい音を聴く
263DB241-6632-498C-9C1C-59E3782857D6.jpg

最後は「いい音を聴く」です。
最初は誰でも人の真似から始まると思いますが、ただなんとなく真似るのではなく、「いい音」を聴き、それを自分なりにでいいので分析し、それに近付けるようにしてみましょう。
やってみると、その過程の中で学ぶ事の多さに気付くはずです。
「自分のカラー」を作るのはそれからでも遅くはありません。

では「いい音」とは何か?
それは自分が「いい音」だと思う音。すなわち「好きな音」で良いと思います。
自分が憧れる人を見つけて、その人の音をとにかく聴くのです。
「好きな音」に出会う為には、沢山の音に触れる必要がありますので、まずは食わず嫌い(聴かず嫌い?)せずに、色々な奏者の音を聴いてみると良いと思います。



◼︎まとめ
さて、いかがでしたでしょうか?
今回まとめた各項目は、私が日々のレッスンで大切にしている事でもあり、初心者に限らず取り入れてみると何か良い結果が待っているかもしれません。
ただし、これはあくまで一例であり、私の個人的な見解です。流派や地域、奏者によって奏法や見解は異なりますので、既にどこかで篠笛を習っている方は、その先生の教えに従ってください。

最後に補足的に書きますが、まずは楽しんで篠笛に触れてください。
上手くなる事は良い事ですが、そこにばかり気を取られて、楽しさを失ってしまっては良い音楽は生まれません。
一朝一夕で上手くなれるものではありませんから、すぐに結果が出なくても焦らず、楽しみながら気長に続けましょう♪

最後までお読みいただきありがとうございました。



この記事へのコメント